Makan Makan

シェフ紹介

オーナー 平岡弘子

オーナーシェフ 何十年も足しげくシンガポールやマレーシアなどに料理の勉強へ通い続ける。
手間暇を惜しまず作るニョニャ料理にも精通しています。
1984~1987 シンガポール滞在
1993 香港Dick Fat Cooking Instituteで学ぶ
1995 Makan Makan1号店オープン
2006 Makan Makan2号店オープン
現在 不定期にシンガポール、ニョニャ料理の教室を開催しています。
  blog 「ニョニャ料理の日々」

フェイスブック

◆ 経歴

・Ann's Culinary Centre Singapore
・Prima Training Center Singapore
・Jia Lei Confectionary & Training Center Singapore
・Jc Cooking & Marketing Institute Singapore
・Dick Fat Cooking Institute Hong Kong
・その他、シンガポール、マラッカ、ペナンのホテルシェフ、レストランオーナシェフより学ぶ。

◆ テレビ出演、書籍掲載、他

・NHK BS ほっと@アジア
プラナカン展にて料理教室「プラナカンの伝統料理を作る。」講師
  主催場所 日本アセアンセンター(2016年8月6日)
NHK Eテレ グレーテルのかまど「マレー半島の宝石ニョニャクエ」監修(2019年2月18日放送)
・イカロス出版 マレーシアペナンエキゾチックな港町めぐり(ニョニャ料理レシピ)

James Ng (シンガポーリアン) 

店長シェフ 2007年より厨房で腕をふるっています。
シンガポーリアンならではの海南鶏飯を作り続け、お客様に味わって頂くのを喜びとしています。両親の美味しい家庭料理が土台となっています。

お店の前ではにかむジェームス





オーナーお友達 Link 「Peranakan Chic」
ChieさんとMikiさんのプラナカンの世界を紹介するサイト。歴史的建造物やお料理もブログでUPされてます。